貧乏サラリーマンの釣り車中泊記

宮崎県で釣りと車中泊を楽しんでいます。

(宮崎県北チニング釣行記) チニングタックル(ロッド&リール編)

チニンガーの皆様こんにちは!

 

デイチニングのアクションを解説する前に私のチニング

タックルについて紹介していきます。

まずは、ロッド&リール編です。

 

f:id:bognerbream:20210613185143j:imagef:id:bognerbream:20210613185157j:image

 

①(スピニングタックル)

 

まずは、スピニングタックルです。

①-1 ロッド…19 Brenious  S76M

 

f:id:bognerbream:20210613185029j:image

  • 長 さ…7.6フィート
  • 自 重…95g
  • 対応ルアーウェイト…5~24g

★…使ってみた感想

シマノから出ているチニング専用ロッドのブレニアスです。ラインナップは他にもありますが一番パワーのあるモデルを選びました。パワー系の名の通り、バットは固くガチガチですがティップは柔らかく繊細です。ルアーウェイト上は5-24gですがティップが柔らかいので下は3gのマイクロジグも扱うことができます。しかし、上は10g超えてくると先重りするのでキャストに気を使いますが( ̄д ̄)投げれないこともないです。

穂先は繊細ですがバットパワーはありますので50センチくらいの魚も寄せてくることができます。それから、自重が100g切っており軽いリールと合わせると操作性が大変いいです。5g位のミノーからトップウォーターなどもキビキビ動かすことができます。一つ最近の不満を挙げるなら穂先が柔らかすぎるためにボトムの釣りにおいては今一つだと思います。シンカーが7g超えてくるとティップが入り込みすぎてうまくボトムバンプさせにくような気がします。特に極端な先調子なのでそれが顕著に表れるような気がします。(それが故にシルベラードスピニングが気になっているのは内緒)

自分の中では5g前後のルアーを操作するとき、また他のライトゲームもしたい時に使う正にバーサタイルロッドです。

 

 

 

 

①-2 リール…VANFORD C2500SHG

 

f:id:bognerbream:20210613185047j:image

  • 自 重…160g
  • 糸巻量(Pe)…0.6-200, 0.8-150,1-120
  • 最大巻上量…81㎝

 ★…使ってみた感想

ブレニアスにいつもつけているスピニングリールです。自重が160gでみんな大好きヴァンキッシュには敵いませんが操作性もよく、またドラグ性能等も問題なく使いやすいリールです。

しいて気に入らない点をあげればなんでこんなにおもちゃみたいなデザインなんだ

 

 

 

 ②(ベイトタックル)

お次は、ベイトタックルです。

②-1 ロッド…Siverado GSIC 762ML

 

f:id:bognerbream:20210613185106j:image

  • 長 さ…7.6フィート
  • 自 重…98g
  • 対応ルアーウェイト…3~16g

★…使ってみた感想

オリムピックから出ているこれまたチニング専用のベイトロッドです。

淀川を起源とするフリーリグを用いた現在のチニングにおいて抜群の適性を持つ竿になります。 触ってみた感じは張りがありながらもしなやかさを持ち、一見相反する性質が見事に両立しているすごい竿です。

前述したように張りがあるために多少重いシンカーでもキャストでき、操作することができます。ボトムの釣りにおいては今持っているブレニアスより圧倒的に使いやすいです。さらに自重も100g以下でこれも操作性のよさに起因してます!

また、穂先は繊細でビンビンなので底の状態も丸わかりです。

ボトムでのボトムバンプの釣り、特にフリーリグを用いたチニングにはなくてはならない存在です。

 

 

 

 

②-2 リール…20 TATULA SV TW  103XH(右ハンドル)f:id:bognerbream:20210613185123j:image

 

  • 自 重…190g
  • 糸巻量(Pe)…1-200
  • 最大巻上量…81㎝

 ★…使ってみた感想

シルベラードにつけているベイトリールです。このリールの特徴は何といっても安定性です。ベイトリールは本機が初でしたが特にトラブルもなく使うことができています。特にバックラッシュはしにくいです。シンカー7gでブレーキ0でも着水時ノーサミングでキャストすることができます。しかし、裏を返せばブレーキが利きすぎて飛距離が出ないということも言えます。(それが故にブレーキ0で使ってるんですが・・・)キャストして数秒後にはスプールの回転数が急激に低下して飛距離が稼げないです。まあ、そこは高級機買ってくださいねっていう話なんですが・・・

あとは適合するルアーウェイトですが7~15gくらいが気持ちよく飛ばせます。

5g以下は飛ばないし、15gより上だとスプールが過回転してすごい音が鳴ります笑

ともあれ、ベイトタックルにおいてノントラブルというメリットは大きいので使いやすく気に入ってます。

 

 

 

 

あとは詳しいスペックなどはメーカサイトで見てみてください。

 

2タックルあるので自分の使い分けとしては

〇スピニング…5g以下で軽いリグを操作・キャストしたいとき、またベイトよりもダートや早い動きにはスピニングに分があるのでよりリアクションで喰わせたいとき

〇ベイト…7g以上のリグ、比較的重いリグを操作・キャストしたいとき、また、フォール中心のアクションをしたいとき、フォールでアタリを取りたいとき

 

以上のような感じでタックルを使い分けています。

まあ、ぶっちゃけベイトフィネス機を買えばベイトオンリーにできるんですが金ないんで(ちなみに、管理人は安月給にもかかわらず上記タックルの分割払いに苦しんでいます。)

まあ、あとは気分ですね笑。好きなタックルで釣りするのが一番ですね!!!

 

  よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村