貧乏サラリーマンの釣り車中泊記

宮崎県で釣りと車中泊を楽しんでいます。

チニングタックル(リグ編)

どうも、おはこんばんにちは!

前回はチニングタックル(ロッド&リール編)

ということで使っているタックルを紹介しました。

 

bognerbream.hatenablog.com

 

今回は”リグ”についてお話していきます。

 

チニングといえば夏場のトップウォーターからミノーイングなど様々ありますが今回ご紹介するのはフリーリグというリグを用いたワーミングの仕掛けになります。

ワーミングというと夜のズル引きを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は昼間にリアクション的にチヌを狙うことができるリグが存在するのです!

(この手法は淀川発祥でありもちろん自分が開発したわけではなくネットにも腐るほど情報があふれていますがとにかくよく釣れる仕掛けでここ宮崎でも効果を発揮する釣りなのでぜひみなさんに知ってもらいたいと思い紹介したいと思っています。)

 

 

 

①フリーリグ

はい。読んで字のごとくフリーなリグです。笑

っていうとなんじゃそれ?って感じだと思うので

これを見てください!

f:id:bognerbream:20210614000655j:image

ワームのついたハリと重りがついていますね!

バス釣りなどで見かけるテキサスリグによく似ていますが、ぶっちゃけシンカーがテキサスリグではバレットシンカー使うのに対してフリーリグはスティックシンカーを使ってるだけの違いです!笑

シンカーが固定されてなくフリーに動くのでフリーリグです!

このリグの強みとしては

①根掛かりに強い

②フック・シンカーチェンジがしやすい

③フォールアクションが活きる(フリーフォール)

大きく分けてこの3つになると思います。

 

②フリーリグに必要なもの

では、さっそく必要なものと作り方を話していきます!

必要なものは

1、シンカーストッパー 

2、シンカー・シンカーチェンジャー

3、シンカークッション(ビーズ)

4、フック

5、ワーム(別記事にて紹介します。)

以上がフリーリグを作るうえで必要なものになります。

 

③リグセッティング

③-1 シンカーストッパー

では、リグっていきましょう♪

まずはリーダにシンカーストッパーをつけていきます。

こういうやつですね!

f:id:bognerbream:20210614203245j:image

シンカーストッパーには糸がついていてその先に輪っかがあるので、その輪っかにリーダーの先を入れて、その状態でリーダーとシンカーストッパーを引っ張るとリーダーにシンカーストッパーをつけることができます。シンカーストッパーをつけることによってシンカーの動が制限されワームの動きをコントロールすることができます!

ワームとシンカーを離さず垂直フォールを使いたいときはストッパーでシンカーを固定し動かなくする、

反対にフリーフォールを使いたいときはストッパーをシンカーから遠ざけて使う。

シンカーストッパーを使うからこそ臨機応変にアクションに変化をいれることができます!

これで、第一段階クリア!!!

 

 

 

  

 

③-2 シンカー・シンカーチェンジャー

次はシンカーをリーダに入れていきます。

自分が使っているのはこのような

スティック型のシンカーです。

シンカーの輪っかにリーダに通してください。

f:id:bognerbream:20210614203313j:image

左から、3.5g、5g、7g、9g、11gです!

基本的に3,5gから5gの軽いリグはスピニング、7gより重いシンカーはベイトタックルということで重さを使い分けています。

軽いシンカーはナチュラルにスローに落とし込みたいとき、ダートを使った早いアクションで操作性が求められる時、自分の今のスピニングタックルのキャパ的に軽いルアーが使いやすいなどの理由で軽いルアーはスピニングに使っています。

反対に重いシンカーは飛距離が必要な時、潮流が速くて底が取りにくい時、フォールを生かしたアクションをしたい時、自分の今のベイトタックルに重いシンカーがマッチしている・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、魚の反応に合わせて変えていくのがベストだと思います!

でも、フリーリグだといちいちシンカー交換が面倒なんで自分はシンカーチェンジャーを使っています。

f:id:bognerbream:20210614203404j:image

これがあればワンタッチでシンカーが交換できるので

楽ちんです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③-3 シンカークッション(ビーズ)

シンカーをつけたらフックとリーダの結び目がシンカーにあたってラインブレイクしないようにシンカークッションを入れます。

また、右のようなビーズもあります。ビーズを入れるシンカーとぶつかって音を出して魚にアピールすることができると思います。

もちろん、結び目保護にもなります。

f:id:bognerbream:20210614203419j:image

 

 

 

 

 

③-4 フック

最後はリーダとフックを結んでいきます。

結び方は自分はパロマーノットを使っていますが

なんでもいいです。

ご自身が得意な結び方を選んでください。

f:id:bognerbream:20210614203514j:image

ちなみに左から

①デコイ ハイパーミニ #6

②デコイ ハイパーミニ #2

③デコイ マキサスフック #2

④ストレートフック #1/0(メーカー名等忘れた)

基本的に番号が若くなるほど

フックサイズが大きくなります。

ワームの種類・サイズによって付け替えてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

③-5 ワーム

完成はこちら!

 

最後にお好きなワームをつけて完成です!!!!(^^)!

f:id:bognerbream:20210614203813j:image

 

  

 

どうです??意外と簡単でしょう!!!

これで、チニングのリグが完成しました。

次回はワーム編です!

 

  よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

(宮崎県北チニング釣行記) チニングタックル(ロッド&リール編)

チニンガーの皆様こんにちは!

 

デイチニングのアクションを解説する前に私のチニング

タックルについて紹介していきます。

まずは、ロッド&リール編です。

 

f:id:bognerbream:20210613185143j:imagef:id:bognerbream:20210613185157j:image

 

①(スピニングタックル)

 

まずは、スピニングタックルです。

①-1 ロッド…19 Brenious  S76M

 

f:id:bognerbream:20210613185029j:image

  • 長 さ…7.6フィート
  • 自 重…95g
  • 対応ルアーウェイト…5~24g

★…使ってみた感想

シマノから出ているチニング専用ロッドのブレニアスです。ラインナップは他にもありますが一番パワーのあるモデルを選びました。パワー系の名の通り、バットは固くガチガチですがティップは柔らかく繊細です。ルアーウェイト上は5-24gですがティップが柔らかいので下は3gのマイクロジグも扱うことができます。しかし、上は10g超えてくると先重りするのでキャストに気を使いますが( ̄д ̄)投げれないこともないです。

穂先は繊細ですがバットパワーはありますので50センチくらいの魚も寄せてくることができます。それから、自重が100g切っており軽いリールと合わせると操作性が大変いいです。5g位のミノーからトップウォーターなどもキビキビ動かすことができます。一つ最近の不満を挙げるなら穂先が柔らかすぎるためにボトムの釣りにおいては今一つだと思います。シンカーが7g超えてくるとティップが入り込みすぎてうまくボトムバンプさせにくような気がします。特に極端な先調子なのでそれが顕著に表れるような気がします。(それが故にシルベラードスピニングが気になっているのは内緒)

自分の中では5g前後のルアーを操作するとき、また他のライトゲームもしたい時に使う正にバーサタイルロッドです。

 

 

 

 

①-2 リール…VANFORD C2500SHG

 

f:id:bognerbream:20210613185047j:image

  • 自 重…160g
  • 糸巻量(Pe)…0.6-200, 0.8-150,1-120
  • 最大巻上量…81㎝

 ★…使ってみた感想

ブレニアスにいつもつけているスピニングリールです。自重が160gでみんな大好きヴァンキッシュには敵いませんが操作性もよく、またドラグ性能等も問題なく使いやすいリールです。

しいて気に入らない点をあげればなんでこんなにおもちゃみたいなデザインなんだ

 

 

 

 ②(ベイトタックル)

お次は、ベイトタックルです。

②-1 ロッド…Siverado GSIC 762ML

 

f:id:bognerbream:20210613185106j:image

  • 長 さ…7.6フィート
  • 自 重…98g
  • 対応ルアーウェイト…3~16g

★…使ってみた感想

オリムピックから出ているこれまたチニング専用のベイトロッドです。

淀川を起源とするフリーリグを用いた現在のチニングにおいて抜群の適性を持つ竿になります。 触ってみた感じは張りがありながらもしなやかさを持ち、一見相反する性質が見事に両立しているすごい竿です。

前述したように張りがあるために多少重いシンカーでもキャストでき、操作することができます。ボトムの釣りにおいては今持っているブレニアスより圧倒的に使いやすいです。さらに自重も100g以下でこれも操作性のよさに起因してます!

また、穂先は繊細でビンビンなので底の状態も丸わかりです。

ボトムでのボトムバンプの釣り、特にフリーリグを用いたチニングにはなくてはならない存在です。

 

 

 

 

②-2 リール…20 TATULA SV TW  103XH(右ハンドル)f:id:bognerbream:20210613185123j:image

 

  • 自 重…190g
  • 糸巻量(Pe)…1-200
  • 最大巻上量…81㎝

 ★…使ってみた感想

シルベラードにつけているベイトリールです。このリールの特徴は何といっても安定性です。ベイトリールは本機が初でしたが特にトラブルもなく使うことができています。特にバックラッシュはしにくいです。シンカー7gでブレーキ0でも着水時ノーサミングでキャストすることができます。しかし、裏を返せばブレーキが利きすぎて飛距離が出ないということも言えます。(それが故にブレーキ0で使ってるんですが・・・)キャストして数秒後にはスプールの回転数が急激に低下して飛距離が稼げないです。まあ、そこは高級機買ってくださいねっていう話なんですが・・・

あとは適合するルアーウェイトですが7~15gくらいが気持ちよく飛ばせます。

5g以下は飛ばないし、15gより上だとスプールが過回転してすごい音が鳴ります笑

ともあれ、ベイトタックルにおいてノントラブルというメリットは大きいので使いやすく気に入ってます。

 

 

 

 

あとは詳しいスペックなどはメーカサイトで見てみてください。

 

2タックルあるので自分の使い分けとしては

〇スピニング…5g以下で軽いリグを操作・キャストしたいとき、またベイトよりもダートや早い動きにはスピニングに分があるのでよりリアクションで喰わせたいとき

〇ベイト…7g以上のリグ、比較的重いリグを操作・キャストしたいとき、また、フォール中心のアクションをしたいとき、フォールでアタリを取りたいとき

 

以上のような感じでタックルを使い分けています。

まあ、ぶっちゃけベイトフィネス機を買えばベイトオンリーにできるんですが金ないんで(ちなみに、管理人は安月給にもかかわらず上記タックルの分割払いに苦しんでいます。)

まあ、あとは気分ですね笑。好きなタックルで釣りするのが一番ですね!!!

 

  よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

(宮崎県北チニング釣行記)6月12日釣行記録&解説


こんにちは、チニング大好きボグナーです。

昨日は延岡市内の河川にてチニングを

してきましたので

その釣行記録と釣り方の解説をしていきます。

 

 

今回釣行したのは延岡市内にある某河川、

河口から3キロほど上流の場所になります。

この日は 干満差が激しい潮回りなのであまり

立ちこまず動きやすい干潮前に釣行開始です。

 

ランガンしているとボトムに変化を発見したので

そのあたりを探っていきます。

ちなみに、変化というのは写真のような場所です。f:id:bognerbream:20210613150752j:image

このエリアは砂地も多いのですがこのように

石や牡蠣殻がところどころに点在しているエリア

になります。こういった場所にチヌはよくいます。

砂地の場所でも釣れることはありますが

回遊中の個体が喰ってきたりで、あまり溜まって

いることはないのでこういった変化を探して

撃っていくほうが釣果は上がります。

 

しばらく周辺を探っているとコツコツと

なにかがアタッてきました。

チヌではないなと思いつつやはりお前か・・・

( ;´Д`)

貴重なワームをもっていかれました・・・

f:id:bognerbream:20210613150803j:image

 

グーフーを避けるため少し離れてキャスト

 しばらくするとチヌらしきアタリが!!!

アクションを入れて誘いをかけ食い込むまで待ちます。

(デイチニングのアクションについてはまた別の記事に書きます。)

ググッと竿先が持っていかれたので合わせると

サイズは小さいですが元気なチビレ!!!

そのあとも小型が釣れました

ちなみに、チヌは群れでいることがあるので、

一匹釣れた場所・アタッた場所を

ネチネチ探ってると数匹釣れることがあります。


f:id:bognerbream:20210613150833j:imagef:id:bognerbream:20210613150845j:imagef:id:bognerbream:20210613150853j:image

その後、雨も強くなりそろそろ帰ろうとしていた時、

強烈なアタリがあり、合わせるとグングン引いていきます!!

でかいキビレか?と思いましたがサイズはそうでもなさそう、

でも、キビレのその引きっぽくなかったんで寄せてみると銀ピカの黒鯛でした!

たぶん、海から上がってきたか?元気なやつでした!f:id:bognerbream:20210613151002j:image

 

その後は雨がさらに強まり撤退! 

アタリはまだまだありもっと釣れそうでしたが帰りました。

最後の最後にいいファイトができて楽しかった!!!

 

 

今日のポイント

①地形変化を見極める。チヌはなにかしら変化についている!

②チヌは群れている。アタッた周辺はねちねち探ろう!

 

よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

(宮崎県北チニング釣行記)チニングの魅力

どうも!チニング大好きボグナーです!

今日はなぜ僕がチニングをやるのか、その魅力を

書いていきます!

 

①チヌはいつどこにでもいる

釣りではいろんな対象魚がいます。

夏場にちょい投げでキス釣り、サビキでアジ、

ルアーではシーバスや秋頃にはヒラメなど

とにかくいろんな魚がいます!

しかし、魚には旬があり、また回遊してくる

季節、活性も様々です。そんないろんな

魚がいる中でチヌはいつどこにでもいます。

活性が高まるのは夏ですが冬場でも釣れます。

また、チヌは港や磯場だけではなく

河川やその上流まで姿を表します。

 

季節問わずまた場所問わず我々を楽しませてくれる

素晴らしいターゲットなのです!

 

②様々な釣方で釣れる

チヌは雑食性です。

様々なエサを食べます。基本はボトムの甲殻類

食べていますが夏にはベイトフィッシュを

追いかけたりと食性が変化する魚です。

ある地域ではスイカやコーンをエサにチヌを

釣るところもあるようです。

もちろん、ルアーでも狙え中でも

キビレは反応がよく私がよくやるボトムチニング

ではおもしろいように釣れます。

様々な釣り方ができこれからもいろんな狙い方が

確立されていくと思います!

ある意味発展途上の釣りなのです!

 

③とにかく引きが強い

チヌは引きの強い魚です。

30センチくらいのものでもかなり引きが強く

元気に頭を降って抵抗してきます。

40センチ以上になるとドラぐを出されて

のされるくらい引きが強いものもいます。

前述したようにチヌはどこにでもいますが

身近な場所にそういった大型の個体がかなりいる

のもチニングの魅力です!

 

以上三点がチニングの魅力だと思ってます!

身近な場所でいつでもどこでもお手軽に釣りできる

チニングは素晴らしい釣りなのです!

ご覧頂きありがとうございました!

次回以降はチニングで狙うポイントなどを私なりに解説していきたいとおもいます!

 


f:id:bognerbream:20210603151750j:image

 

よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

(宮崎県北チニング釣行記) チニング大好き

初めまして、

釣りが大好き、取り分けチニングというチヌをルアーで狙う釣りが大好きなボグナーといいます!
これから、釣行記録等を書いていこうと思ってます!
よろしくおねがいします!
今日釣れた魚たち!



f:id:bognerbream:20210531195044j:plain



f:id:bognerbream:20210531195109j:plain



f:id:bognerbream:20210531195117j:plain




f:id:bognerbream:20210531195122j:plain



f:id:bognerbream:20210531195127j:plain


よければしたのリンクにクリックをお願いします!励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村